割増賃金

未払い割増賃金の請求

休日に深夜労働した場合の割増賃金の計算

休日に出勤した上に,深夜労働をした場合,割増賃金どうやって計算するのでしょうか。ここでは,休日に深夜労働した場合の割増賃金の計算方法について,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

深夜・休日・時間外労働が重なる場合の原則

労働基準法では,使用者は,労働者が,深夜労働をした場合には基礎賃金の1.25倍以上の割増賃金(深夜手当)を,(法定)休日労働をした場合には基礎賃金の1.35倍以上の割増賃金(休日手当)を,それぞれ支払わなければならないとされています。

もっとも,場合によっては,休日に出勤をしつつ,その休日の午後10時から午前5時までの深夜時間帯に労働をしたため,休日労働というだけでなく深夜労働も行っているということもあるでしょう。

このような場合,どのように割増賃金を計算すればよいのかということが問題となります。

原則論から言えば,割増賃金の計算は「足し算」であるとされています。つまり,それぞれの割増率を合計したものを割増率として計算をするということになります。

しかし,休日労働が含まれる場合は,この原則論とは異なる計算をしなければならないこともあります。以下,法定休日の場合と法定外休日の場合とに分けてご説明いたします。

>> 割増賃金の計算手順とは?

法定休日に深夜労働した場合の割増賃金

法定休日に深夜労働をした場合には,どのように割増賃金を計算すればよいのでしょうか?

この場合には前記の原則論に従い,休日手当の割増率35パーセントと深夜手当の割増率を25パーセントを合算するものとされています。つまり,【 35 + 25 =60 】パーセント増しということになります。

したがって,深夜労働と休日労働が重なる部分については,使用者は,基礎賃金の50パーセント増し以上の割増賃金を支払う必要があるということです。

ただし,計算をする上で1つ注意すべきことがあります。それは,法定休日は,原則として午前0時までであるという点です。

たとえば,法定休日の翌日が通常の出勤日であるという場合に,法定休日の午後10時から翌日の午前5時まで労働したとしても,法定休日は午前0時までですから,上記の60パーセント増しとなるのは午後10時から午前0時までの間だけで,それ以降午前5時までは通常出勤日の深夜労働にすぎず,25パーセント増しのみにとどまるということです。

>> 休日労働に対する割増賃金(休日手当)とは?

法定外休日に深夜労働をした場合の割増賃金

法定外休日における労働には,基礎賃金の1.35倍以上の割増賃金というものは発生しません。したがって,深夜労働をしたとしても,ただ深夜労働に対して1.25倍以上の割増賃金が支払われるだけになります。

ただし,法定外休日における労働が時間外労働に当たるという場合には,当然,時間外労働に対する割増賃金(残業代)は発生します。時間外労働に対する割増賃金は,基礎賃金の25パーセント増しが原則です。

※なお,使用者が一定の大企業で,かつ,労働者の時間外労働が月に60時間を超える場合には,その60時間超過部分については,基礎賃金の1.5倍以上の残業代を支払わなければならないとされています。

そして,深夜労働時間が通常の時間外労働時間に当たる場合に,時間外手当の割増率25パーセントと深夜手当の割増率の25パーセントを合算した50パーセント増の割増賃金を支払わなければならないことになります。

>> 深夜労働に対する割増賃金(深夜手当)とは?

もっと詳しく!

このサイトがお役にたてたらシェアお願いいたします。

さらに詳しく知りたい方へ

未払い割増賃金(残業代・深夜手当・休日手当)の請求をお考えの方がいらっしゃいましたら,未払い残業代等請求の実績・経験豊富な東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談・ご依頼ください。

LSC綜合法律事務所では,未払い残業代等請求のご相談は「無料」です。まずはお気軽にご相談ください。無料相談は予約制です。ご相談をご希望の方は,お電話【 042-512-8890 】からご予約ください。

※ご来訪相談となります。メール・お電話によるご相談は承っておりませんので,あらかじめご了承ください。

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ