未払い賃金・残業代請求ネット相談室イメージ

各種の紛争解決手続

未払い残業代等請求を弁護士に依頼するメリット

未払い賃金・残業代請求の問題を解決するために,これを弁護士に依頼する場合があります。ここでは,未払い残業代等請求を弁護士に依頼するメリットについて,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

弁護士に依頼するメリット

未払い賃金残業代深夜手当休日手当賞与退職金などは,ご本人で請求することも当然に可能です。

労働基準監督署などのあっせんや労働組合を利用する方法もありますし,もちろん裁判で請求する場合であっても,本人訴訟をすることができます。

もっとも,未払い残業代等請求を弁護士に依頼することにも,もちろんメリットはあります。

法的な知識の習得

未払い残業代等を請求するためには,いうまでもなく,法的知識が必要となってきます。

特に,労働基準法をはじめとする労働法は,法律の条文ですべてが具体的にされているわけではなく,その解釈にゆだねられている部分が少なくありません。

したがって,法律の条文解釈の知識だけでなく,それに関連する裁判例なども知っておかなければなりません。

また,残業代等の割増賃金の計算は,実際にやってみると分かるのですが,非常に複雑な部分があります。法律だけではなく,判例や通達の知識なども必要となってきます。

使用者側は労働問題に詳しい担当者が担当することもありますし,弁護士に依頼するような場合もあるかもしれません。そうなれば,使用者と対等に交渉するためには,さらに専門的な知識が必要となってきます。

さらに,訴訟や労働審判を提起するという場合には,当然のことながら,それらの裁判手続の知識も必要となってくるでしょう。

そのため,これらの知識を修得するためには,多くの時間や労力を必要とします。これらを省略できるというのが,弁護士に依頼する最大のメリットといえるでしょう。

交渉・裁判等の負担

未払い賃金・残業代などの支払いを請求するための交渉などには時間も手間もかかります。訴訟など裁判手続であれば,裁判所に出頭して使用者側や裁判官と交渉をしなければなりません。

弁護士に依頼すれば,弁護士が代理人となって,使用者と交渉・裁判を行います。そのため,専門的な知識を学習する時間や手間や交渉・出頭などの時間や手間を省くことが可能となります。

使用者と直接交渉しなくてもよいため,精神的な負担が減少するという点もメリットといえるでしょう。

もっと詳しく!

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

さらに詳しく知りたい方へ

未払い残業代を請求したい,サービス残業をさせられているなどについて弁護士に相談したいという方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。

>> 未払い残業代請求に強い弁護士をお探しの方へ

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ