未払い賃金・残業代請求ネット相談室イメージ

各種の紛争解決手続

労働審判で付加金を請求できるか?

労働審判で残業代等の割増賃金を請求する場合,同時に付加金を請求することができるのでしょうか?ここでは,この労働審判で付加金を請求できるのかついて,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

付加金の支払いを命じる労働審判の可否

解雇予告手当,休業手当,割増賃金残業代深夜手当休日手当)が未払いの場合,裁判所は,労働者からの請求があったときは,未払いの割増賃金の支払いのほかに,それと同額の「付加金」を支払うように使用者に対して命じることができるとされています(労働基準法114条)。

上記の条文によれば,「裁判所」が付加金の支払いを命じる主体とされていますので,この付加金支払いは,裁判所によって決定されるものであるということになります。

しかも,「命じることができる」もので,命じなければならないというものではありません。裁判所の裁量によって,支払いが命じられる場合もあれば命じられない場合もあります。

この付加金の支払いを,「訴訟」における判決で命じることができることについては争いはありません。

それでは,「労働審判」で付加金を命じることはできるのでしょうか?

この点,多くの裁判所では,労働基準法114条が付加金の支払いを命じる主体を「裁判所」と規定しているところ,労働審判で決定を出すのは裁判所ではなくて「労働審判委員会」であるから,労働審判では付加金支払いを命じることはできないと考えているようです。

ただし,労働審判における付加金請求を明確に排除する規定もありませんし,「裁判所」という文言は多義的ですから,解釈によっては,労働審判でも付加金を命じることができると考える余地もあるとは思います。

>> 労働審判とは?

請求だけでもすることはできないか?

前記のとおり,東京,横浜を含む多くの裁判所では,労働審判で付加金の支払いを命じる審判はしていません。

もっとも,付加金は違反があったときから2年の除斥期間があります。つまり,違反時から2年が経過すると,もはや訴訟であっても付加金支払いを命じることができなくなってしまいます。

例えば,2年が経過する前に,付加金請求をせずに労働審判を申し立てたところ,労働審判をしている間に2年が経過してしまったという場合,その後異議申立てがなされて訴訟に移行したとしても,もはや付加金支払いを命じてもらえないということになってしまいます。

他方,審判申立て時点で付加金支払いを請求しておけば,労働審判中に2年が経過してしまっても,2年経過前に付加金を請求をしていることになるので,訴訟に移行した場合でも除斥期間は成立しません。

そこで,(例え付加金の支払いを命じる審判が出せないと分かっていても)労働審判の申立ての時点で付加金を請求し,除斥期間が成立してしまうのを防ぐ必要があるということになります。

そのような観点から,付加金支払いの審判は認められないとする裁判所であっても,少なくとも,申立てにおいて付加金の支払いを請求すること自体は禁止しないという方針を取る場合が通常です。

したがって,残業代等を労働審判で請求する場合には,残業代等の未払いを請求するだけでなく,その付加金も一応請求しておいた方がよいでしょう。

>> 未払い残業代等の付加金とは?

もっと詳しく!

このサイトがお役にたてたらシェアお願いいたします。

さらに詳しく知りたい方へ

未払い残業代を請求したい,サービス残業をさせられているなどについて弁護士に相談したいという方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。

>> 未払い残業代請求に強い弁護士をお探しの方へ

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ