割増賃金

労働基準法の基礎知識

労働基準法の基礎知識 記事一覧

労働基準法の基礎知識の概要

日本国憲法では,労働者の権利を「人権」として保障しています。労働者の権利としては,職業選択の自由(憲法22条1項),勤労の権利(憲法27条),労働基本権(憲法28条)などが挙げられます。

憲法27条は,第1項で「すべて国民は,勤労の権利を有し,義務を負ふ。」として勤労の権利を保障し,第2項で「賃金,就業時間,休息その他の勤労条件に関する基準は、法律でこれを定める。」として,労働者の賃金等の労働条件は法律によって決めなければいけないことを保障しています。

上記労働者の人権のうち憲法27条2項を具体化して,「法律」として定めたものが「労働基準法」です。

賃金や労働時間,男女の平等,児童酷使の禁止などの労働条件について,労働者に対して保障されなければならない最低限度の基準が定められていることから労働基準法と名付けられています。

賃金や割増賃金について定めるているのも,この労働基準法です。したがって,未払いの賃金や残業代等を請求する前提として,この労働基準法の基礎知識について知っておく必要があるということになります。

また,残業代などの賃金の問題は,労働時間の問題と裏返しです。労働時間の問題=賃金の問題といってもよいくらいです。

したがって,労働基準法における労働時間の定め(休日労働や深夜労働なども含む。)を知っておくことは,未払い残業代等請求をするためにも重要であるということになります。

このサイトがお役にたてたらシェアお願いいたします。

さらに詳しく知りたい方へ

未払い残業代請求やそれに関わる労働基準法の問題ついて弁護士に相談したいという方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。

>> 未払い残業代請求に強い弁護士をお探しの方へ

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ