未払い賃金・残業代請求ネット相談室イメージ

労働基準法の基本

所定労働時間とは?

未払い賃金・割増賃金の請求のためには,労働時間の意味を知っておく必要があります。ここでは,労働時間のうちの「所定労働時間」とは何かについて,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

所定労働時間とは

労働者が使用者の指揮命令監督の下に働く時間のことを労働時間といいます。

この労働時間については,労働基準法において,1日8時間又は1週40時間以内という定めがあります。この労働基準法に定められている労働時間のことを法定労働時間といいます。

もっとも,それぞれの会社・使用者において,法定労働時間とは異なる労働時間を,就業規則などで定めている場合もあるかと思います。

この使用者が就業規則などで定めている労働時間のことを「所定労働時間」といいます。具体的には,休憩時間を除く,始業時刻から終業時刻までの時間が,所定労働時間ということになります。

所定労働時間と法定労働時間

所定労働時間と法定労働時間とは異なる概念です。

したがって,両者が一致するとは限りません。法定労働時間と同じ労働時間の所定労働時間が定められることもあれば,法定労働時間とは異なる労働時間の所定労働時間が定められることもあります。

もっとも,法定労働時間はあくまで許される最低限度の基準となる労働時間ですから,法定労働時間を超える労働時間を所定労働時間とすることは許されません。

つまり,所定労働時間として,1日8時間又は1週40時間を超える労働時間を定めることは許されないということです。

仮に法定労働時間を超える所定労働時間を定めていたとしても,法定労働時間を超える部分は無効となります。

例えば,就業規則等で,所定労働時間を午前9時から午後8時まで(休憩1時間除く)の1日10時間と定めていたとしても,法定労働時間を超える部分は無効となります。

その結果,所定労働時間は午前9時から午後6時までの8時間に短縮され,後の午後6時から午後8時までの2時間は(仮に労働すれば)時間外労働ということになります。

したがって,この時間外労働に対しては,割増賃金残業代)を支払わなければなりません。

逆に,所定労働時間として,法定労働時間を下回る労働時間を定めることは自由です。例えば,1日7時間・1週35時間労働などとすることはまったく問題ありません。

なお所定労働時間が,残業代などの割増賃金の計算の基本となります。この所定労働時間をもとに基礎賃金を算定していくことになるのです。

割増賃金の計算の基礎となるのは,法定労働時間ではないことに注意が必要です。

ただし,もちろん所定労働時間が法定労働時間を超えている場合には,法定労働時間の限度に短縮された所定労働時間が割増賃金の計算の基礎となると考えるべきでしょう。

もっと詳しく!

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

さらに詳しく知りたい方へ

未払い残業代を請求したい,サービス残業をさせられているなどについて弁護士に相談したいという方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。

>> 未払い残業代請求に強い弁護士をお探しの方へ

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ