未払い賃金・残業代請求ネット相談室イメージ

労働基準法の基本

労働基準法上の休暇とは?

労働基準法においては,「休暇」は「休日」とは異なるものとして扱われています。ここでは,労働基準法上の「休暇」とは何かについて,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

労働基準法上の休暇とは?

休日・休暇と言うと,一般的には,「休みの日」という意味で,ほとんど同じような意味で捉えられているかも知れません。しかし,労働基準法上では,この休日と休暇は違うものとして扱われています。

まず,労働基準法上の「休暇」とは,使用者によって,労働・雇用契約上,労働者に対して本来労働義務が課せられている労働日のうちで,労働義務を免除された日のことをいいます。

これに対して,そもそも「休日」とは,労働・雇用契約上,そもそも労働者に対して労働義務が課されていない日です。

そうすると,休日は本来的に休みの日であるのに対して,休暇は,本来は休みではないけれども,使用者から休みをもらった日である,といえるでしょう。

有給休暇と無給休暇

労働基準法上の休暇には,賃金が支払われる「有給休暇」と,そうでない「無給休暇」とがあります。

有給休暇は,労働基準法に定めがある場合(年次有給休暇)か,就業規則などによって定められている場合に認められます。これらの定めのない休暇については,原則として無給となります。

なお,労働基準法では,使用者は,一定の要件を満たした労働者に対しては,必ず年次有給休暇(年休)を与えなければならないとしています(同法39条)。

具体的には,6か月以上継続勤務し,そのうつの全労働日の8割以上出勤した労働者については,法律上当然に,10日間以上の年次有給休暇が発生するとされています。

その後は,1年勤務するごとに,(10日+勤務年数)以上の有給休暇を与えなければなりません。

例えば,1年6か月勤務後は11日以上,2年6か月勤務後は12日以上,3年6か月勤務後は13日以上・・・というように増えていきます。ただし,上限は20日です。

もっと詳しく!

このサイトがお役にたてたらシェアお願いいたします。

さらに詳しく知りたい方へ

未払い残業代を請求したい,サービス残業をさせられているなどについて弁護士に相談したいという方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。

>> 未払い残業代請求に強い弁護士をお探しの方へ

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ