未払い賃金・残業代請求ネット相談室イメージ

労働基準法の基本

振替休日と代休の違いとは?

振替休日と代休は同じ意味に用いられることもありますが,法的には異なる意味を有しています。ここでは,振替休日と代休の違いについて,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

振替休日と代休

労働者と使用者との間の労働契約においては,いつが休日となるのかが定められますが,業務の都合などにより,その所定の休日に出勤しなければならない場合もあるでしょう。

労働者が所定休日に出勤する場合,その休日の代わりに,別の日が休日として付与されることがあります。この措置のことを「休日の振替」と呼んでいます。

休日の振替によって新たに休日となった日は,「振替休日」や「代休」と呼ばれることがあります。一般的には,この振替休日と代休は同じものと認識されていることが多いかもしれません。

しかし,法的には,この振替休日と代休は同じものではありません。休日の振替によって新たに休日とされた日であるという点では同じですが,法的な要件も効果も異なります。

>> 休日の振替とは?

違いが生じる理由

前記のとおり,振替休日も代休も,休日の振替によって新たに休日とされた日であるという点では同じです。

しかし,振替休日は「休日の事前の振替」によって休日とされた日であるのに対し,代休は「休日の事後の振替」によって休日とされた日であるという違いがあります。

休日の振替には,労働者が休日出勤をする前に,あらかじめ所定休日ではない日を休日として指定しておくという事前の振替と,労働者が実際に休日出勤をした後に,所定休日ではない日を新たに休日として付与するという事後の振替があります。

事前の振替と事後の振替は,要件も効果も異なります。この事前の振替と事後の振替の違いが,そのまま振替休日と代休の違いとなってくるのです。

効果面での違い

振替休日と代休はいずれも休日であることに違いはありません。したがって,労働者の労働義務は免除されています。

もっとも,当初の休日の取扱いは,事前の振替と事後の振替では大きく異なります。

すなわち,事前の振替の場合には,あらかじめ所定休日でない日を休日(振替休日)に指定することにより,当初の休日は労働日に変更されることになります。

これに対して,事後の振替の場合は,事後的に休日を付与するだけのことですから,当初の休日が労働日になるわけではなく,あくまで当初の休日は休日のままです。

最も大きな違いとして顕れてくるのは,当初の所定休日での労働が休日労働になるのかならないのかという点です。

事前の振替の場合には,当初の所定休日は労働日に振り替えられるので,その日の労働は休日労働ではありません。したがって,その日が法定休日であっても,休日労働に対する割増賃金(休日手当)は発生しません。

他方,事後の振替の場合には,当初の所定休日は休日のままですから,その日の労働は休日労働であり,その日が法定休日であれば,休日労働に対する割増賃金が発生することになります。

事後の振替によって代休を付与した場合でも,当初の休日出勤日の休日割増賃金等が発生しなくなると思われていますが,法的には,事前の振替でなければ休日割増賃金等は発生するのです。

>> 休日の振替をした場合に休日割増賃金は発生するのか?

要件面での違い

振替休日と代休の要件面における違いとは,要するに,休日の事前の振替と事後の振替の要件の違いということです。

言うまでもなく,事前の振替と事後の振替の要件面での一番の違いは,振替休日または代休を,「事前に」指定するか「事後に」付与するのかという点です。

また,所定労働日がいつかということは労働契約において定められた契約事項ですから,休日の振替によってこれを変更するためには,労働契約上の根拠が必要となってきます。

特に,事前の振替の場合には,前記のとおり,所定休日を労働日に変更するという効果を有しているため,労使間での個別の合意がある場合か,就業規則や労働協約によって,休日の振替ができる旨の定めがあり,それに基づいて行われることが必要となってきます。

他方,事後の振替の場合も労働契約の変更ですから,やはり労働契約上の根拠は必要となってきます。

もっとも,事後の振替の場合は,休日割増賃金の支払いがなくなるわけではなく,休日労働をさせたからといって必ずしも別の休日を与えなければならないとされているわけでもないので,労働者に大きな不利益が生じるわけではありません。

むしろ,休日割増賃金等を支払いつつも代休を付与することは,労働者にとっては有利なことですから,事前の振替の場合ほど厳格な就業規則等の定めは要しないといえるでしょう。

もっと詳しく!

この記事がお役に立ちましたらシェアお願いいたします。

さらに詳しく知りたい方へ

未払い残業代を請求したい,サービス残業をさせられているなどについて弁護士に相談したいという方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。

>> 未払い残業代請求に強い弁護士をお探しの方へ

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ