割増賃金

未払い割増賃金の請求

残業代など割増賃金の付加金とは?

未払いの残業代など割増賃金や解雇予告手当などを訴訟で請求した場合,未払いの割増賃金などと一緒に付加金と呼ばれる金銭の支払いも命じられる場合があります。ここでは,残業代などの割増賃金の付加金について,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

付加金とは

労働基準法第114条本文は,「裁判所は,第20条,第26条若しくは第37条の規定に違反した使用者又は第39条第6項の規定による賃金を支払わなかった使用者に対して,労働者の請求により,これらの規定により使用者が支払わなければならない金額についての未払い金のほか,これと同一額の付加金の支払を命ずることができる。」と定めています。

どういうことかと言うと,使用者が,労働基準法第20条・26条・37条・39条6項に定める賃金を支払わなかった場合には,その未払い賃金と同額の「付加金」を支払わなければならないということです。

労働基準法20条の「賃金」とは「解雇予告手当」,26条の賃金とは「使用者の責めに帰すべき休業の休業手当」,37条の賃金とは「時間外割増賃金(残業代)深夜割増賃金(深夜手当)休日割増賃金(休日手当)という割増賃金」,39条6項の賃金とは「年次有給休暇中の賃金」を指します。

したがって,上記の割増賃金等を支払わなかった場合,それと同額の付加金を支払わなければならなくなる可能性があるということです。

たとえば,100万円の割増賃金の未払いがあった場合,その100万円の未払い割増賃金に加えて,さらにそれと同額の100万円の付加金の支払いが命じられる場合もあるということになります。

この付加金制度は,上記のような割増賃金等の未払いをした場合に金銭的な制裁を加えるという威嚇を与えることによって,割増賃金等の未払いを防止して労働者を保護しようという趣旨から出たものです。

付加金は常に付けられるのか?

もっとも,付加金は,どんな場合にでも付されるというわけではありません。

前記労働基準法114条規定のとおり,付加金は,「裁判所」がその支払いを命じることが「できる」というものです。

つまり,裁判でなければ付加金の支払いが命じられることはないということです。したがって,裁判で勝訴しなければ付加金は支払われないということになります。

労働審判においては付加金の支払いを命じる審判が下されないというのが,大半の裁判所の取扱いです。そのため,付加金が付されるのは,訴訟によって未払いの割増賃金等を請求した場合に限られるということになります。

また,付加金の支払いを命じる裁判(判決)は,裁判所が支払いを命じることが「できる」というもので,支払いを命じ「なければならない」というものではありません。

したがって,裁判所としては,事情によって,付加金の支払いを命じる場合もあれば,それを命じない場合もあります。また,(条文の解釈上の問題はありますが)付加金の一部だけの支払いを命じるという場合もあります。

付加金が付される場合

前記のとおり,付加金は,訴訟において,裁判所が付けるかどうかを裁量的に判断することになります。

実務上は,単に残業代などが未払いであるというだけで付加金が付けられるということはありません。インターネットなどで,残業代を請求したら必ず付加金も付けられ,倍額もらえるかのように書いているものもありますが,そこまで甘いものではないのです。

付加金がどのような場合に付けられるのかについては,前記条文にも明確な規定はなく,また具体的な基準を示した最高裁判所の判例もありませんが,一般的には,使用者側に悪質性がある場合に付加金が付けられると考えられています。

どのような場合に悪質性があるといえるかというのは,ケースバイケースで判断していくほかないでしょう。

たとえば,それまでにどの程度の賃金・割増賃金等を支払ってきているか,割増賃金等の未払いについて労働者に対して誠意ある対応をしたか,タイムカードなどの証拠開示に応じているか,労働基準法をどの程度遵守しているかなどを検討する必要があるでしょう。

実際に付加金が支払われる場合

前記のとおり,使用者側に悪質性が認められる場合には,判決において付加金が認められる場合があります。LSC綜合法律事務所でも,ほぼ全額の付加金が認められたというケースもあります。

もっとも,勝訴判決を得たとしても,実際に支払われるかどうかは別問題です。

事実審の口頭弁論終結時までに割増賃金等の全額が支払われた場合には,もはや付加金を請求することはできず(最二小判昭和35年3月11日),また,裁判所も付加金を認める判決はできないものとされています(最二小判昭和51年7月9日)。

したがって,たとえば第一審で付加金を認める判決がなされたとしても,控訴をして,その控訴審が終結するまでに割増賃金分だけでも支払っておけば,使用者は付加金までは支払う必要がなくなるのです。

訴訟で敗訴した後でも,割増賃金だけ支払ってしまえば付加金を支払わなくてよくなるというのは,制度的に疑問があるとしかいえませんが,ともかく,上記のような付加金を免れる方法があるため,実際には,付加金が支払われるというケースは非常に少ないと思われます。

もちろん,割増賃金全額を支払わせる強制力にはなりますので,その点では,付加金制度にも,一応の意味や効果はあるといえるでしょう。

もっと詳しく!

このサイトがお役にたてたらシェアお願いいたします。

さらに詳しく知りたい方へ

割増賃金はどのように計算すればよいのか,どのように請求すればよいのかなどについて弁護士に相談したいという方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。

>> 未払い残業代請求に強い弁護士をお探しの方へ

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ