未払い残業代等請求に強い弁護士をお探しなら東京 多摩 立川のLSC綜合法律事務所 相談無料 実績豊富 着手金無料有 LSC綜合法律事務所 弁護士 志賀貴

残業代等請求は労働者の「権利」です。しかし簡単ではありません。

1日8時間労働または1週40時間を超えて働いた場合,午後10時から翌午前5時までの間に働いた場合,週1日以上の法定休日に働いた場合には,仮に会社側で割増賃金は支払わないという取り決めをしていたとしても,割増賃金を請求できます。

この残業代などの割増賃金の支払いを請求することは,労働者に認められた権利です。したがって,未払い残業代等請求をすることは,正当な権利行使にすぎません。

もっとも,正当な権利の行使ではあるものの,実際に未払い残業代等を回収するのは,それほど容易ではありません。

たとえば,未払い残業代等請求の難しさは,以下のような点にあります。

  • 労働基準法をはじめとする労働法は法律解釈が必要な部分が多く,しかもその解釈のためには,さまざまな裁判例や細かい通達などの知識も必要となること
  • 残業代などの計算自体も複雑で,専門的な知識が必要となること。実際に,多くの場合,計算が間違っているため損をしているという場合が少なくないこと
  • 残業代などの割増賃金は,消滅時効の期間が短いため,あまり長期間検討している時間がないこと
  • 立場の弱い労働者が,単独で使用者・会社と争い,交渉などをすることは容易ではなく,心理的な負担も小さくないこと
  • 場合によっては訴訟などになることもあるため,未払い残業代等請求に多くの時間やコストを費やしてしまう可能性があること
弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

まずは,お早目に弁護士による無料相談をご利用ください

残業代などの割増賃金を請求する権利は,賃金支給日から2年で時効により消滅してしまいます。時効消滅してしまうと,もはやそれ以降は請求することができなくなってしまいます。また,未払い残業代等請求においては労働時間を立証することが非常に重要です。

その証拠としてタイムカードなどが必要となりますが,あまりに時間を置くと,これらの証拠が散逸してしまうというおそれもあります。したがって,未払い残業代等請求をするのであれば,早めの対応が必要です。

もっとも,労働者は弱い立場井にあるのも事実です。十分な知識のないままに行動を起こすと,かえって会社・使用者に反論の余地を与えてしまうこともあり得ます。法律の専門家である弁護士のアドバイスやサポートが必要となってきます。

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,弁護士による未払い残業代等請求の無料相談を実施中です。残業代などの割増賃金の未払いでお困りの方がいらっしゃいましたら,LSC綜合法律事務所の無料相談をご利用ください。

>> 未払い残業代請求に強い弁護士をお探しの方へ

LSC綜合法律事務所をお選びいただく場合のメリットとしては,以下のようなものがあります。

  • 無料相談を承る弁護士は,これまでに多くの未払い残業代等請求の経験・実績がある弁護士です。事務職員が代わりにご相談をうかがうようなことはありません。
  • これまでに,飲食業・運送業・製造業・不動産業・情報通信業・教育業・各種サービス業・士業事務所・出版社など,さまざまな業種の未払い残業代等請求のご相談・ご依頼をお受けしてきた実績があります。
  • 未払い残業代等請求のご相談は,完全無料相談です。名目を問わず,料金を頂戴することはありません。
  • 契約を強制するようなことはありません。各種機関の利用を含めて,もっともよい解決法をご一緒に考えていきます。
  • もちろん秘密厳守です。
弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

未払い残業代等請求をすべきかお悩みの方,まずはご相談ください。

未東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,未払い残業代等請求の無料相談を実施しております。残業代など割増賃金の未払いでお困りの方がいらっしいましたら,LSC綜合法律事務所にご相談ください。お待ちしております。

未払い残業代等請求の無料相談までの流れは,以下のとおりです。

無料相談のご予約

LSC綜合法律事務所における未払い残業代等請求の無料相談は,予約制となっております。無料相談をご希望の方は,お電話にてご予約ください。ご予約のお電話は【 042-512-8890 】です。

ご予約のお電話の際に,お名前・連絡先のほか,相手方使用者の名称や業種,資料の有無,交渉の経緯などについておうかがいする場合もありますので,あらかじめご了承ください。

次へ

ご持参いただきたい資料

未払い残業代等の請求においては,さまざまな証拠が必要となります。証拠の有無によって結論が大きく変わることもあり得ます。

そこで,ご予約の際にもご案内いたしますが,より正確な回答をするためにも,お持ちの限りでかまいませんので,以下のような資料をご持参いただければと思います。

  • 労働契約書・雇用契約書
  • 就業規則・賃金規程など会社の労働条件が分かる資料
  • タイムカードなど労働時間が記載されている資料
  • 給与明細など賃金の金額や内訳が分かる資料
  • 会社・使用者との交渉の経緯の記録や書面
  • 会社の情報が分かる資料・会社の登記簿
  • ご依頼の場合:印鑑(シャチハタを除く。)・写真付き身分証明書(運転免許証など)

次へ

実際のご相談

ご予約をいただいた日時に,LSC綜合法律事務所までお越しいただき,弁護士に直接ご相談いただきます。ご相談は,完全「無料」ですので,ご安心ください。

ご相談前に,無料相談の受付票・事案の概要についてのチェックシートにご記載をいただいております。ご協力のほどよろしくお願いいたします。

ご相談においては,ご持参いただいた資料を拝見した上で,未払い残業代等請求のために必要となる,使用者・会社の情報・賃金額・労働時間・労働条件・交渉経緯などについてお伺いし,事件の見通しや最適な対応方法・手続をご回答いたします。

また,ご依頼をご希望された方に対しては,弁護士報酬や裁判費用などについても明確にご説明いたします。ご遠慮なくお聞きください。

なお,東京 多摩 立川のLSC綜合法律事務所では,未払い残業代等請求について,通常型・着手金5万円型・着手金無料(成功報酬)型をご用意しております。

次へ

ご依頼をいただく場合

ご相談の結果,LSC綜合法律事務所にご依頼をいただくことになった場合には,弁護士との間で未払い残業代等請求の委任契約を締結していただくことになります。

委任契約については,口頭で取り決めをするようなことはありません。必ず費用等も明示した委任契約書を作成いたしますので,ご安心ください。

なお,弁護士報酬(着手金)等については,ご契約当日にお支払いいただく必要はありません。後日にお振込みでかまいません。

ご契約後,着手金等のご入金を確認次第,相手方に対して弁護士が受任をした旨および請求書を送付いたします。

>> 未払い残業代等請求の弁護士費用のご案内

次へ

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所のご案内

未払い賃金・残業代請求ネット相談室は,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所が運営しています。

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

LSC綜合法律事務所までのアクセス・地図

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

このサイトがお役にたてたらシェアお願いいたします。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ