未払い賃金・残業代請求ネット相談室イメージ

賃金の意味・原則

賃金の全額払いに例外が認められる場合

賃金の支払いについては全額払いが原則とされていますが,一定の場合には例外が認められています。ここでは,賃金の全額払いに例外が認められるのはどのような場合なのかについて考えます。

全額払いの原則とは?

賃金の支払いは,所定期日に所定賃金の全額を支払うのが原則とされています。これを全額払いの原則 労働基準法第24条第1項本文) と呼んでいます。

この全額払いの原則は,賃金を生活の糧とする労働者の生活を安定させるための非常に重要な原則ですが,一定の例外的な場合には,全額を支払わなくてもよい場合があることが認められています。

>> 賃金全額払いの原則とは?

給与からの税金・社会保険料等の控除

全額払いの原則からすると,極論でいえば,所定の賃金から何らかの金額を控除することは一切許されないようにも思えます。

しかし,給与明細を見てみてください。実際には,いろいろな金額が控除されているかと思います。例えば,所得税の源泉徴収,社会保険料の労働者負担分が引かれているのが一般的ではないでしょうか。

給与所得税の源泉徴収,社会保険料の労働者負担分については,賃金から控除することが税法・保険法などの法律上許されています。つまり,法律上,全額払いの例外とすることが認められているわけです。

なお,会社で財形貯蓄を設け,労働者がそれに承諾している場合も,勤労者財産形成促進法という法律によって,賃金から控除することが認められています。

税金・社会保険料・財形貯蓄以外の控除

上記のとおり,所得税・社会保険料・財形貯蓄は法律上控除が認められていますが,場合によっては,これら以外の金銭が控除されているような場合もあるでしょう。

しかし,上記のような法律上控除が認められている金銭以外のものを賃金から控除することは,全額払いの原則に違反するものとして,原則として許されません。

ただし,労使協約がある場合にはこの限りではありません。労使協約によって,一定の金銭を控除することが取り決められている場合には,賃金から控除することも許されるとされています。

例えば,よくあるものとしては,組合費,共済会費,社宅家賃などが挙げられます。これらも,労働協約によって取り決めがあれば,控除が許されることになります。

もっとも,ここでいう労働協約は,当然,法律上の要件を満たしている協約でなければなりません。

賃金からの相殺

全額払いの原則において,もっとも問題になるものといえば,賃金債権の相殺です。

例えば,労働者が仕事でミスをして,それにより会社が損害を被ったとして労働者に対し損害賠償を請求し,その損害賠償請求権と賃金との相殺を主張するという場合がよくあります。

確かに,労働者のミスによって会社が損害を被るということはあり得る話ですが,それと賃金とを相殺できるのかという問題は,法的にいえば別問題です。

この点については,原則として,損害賠償と賃金との一方的な相殺は許されず,ただし,労使間で賃金と損害賠償を相殺してもよいという合意(相殺合意)があれば,相殺が許されるとされています。

最高裁判所の判例でも,同様の解釈がなされています。

もちろん,ここでいう相殺合意は,労働者の真意に基づく合意である必要があります。使用者が労働者に強制・強要するような態様で合意をさせた場合には,真意の合意であるとは言えません。

>> 賃金債権の相殺は許されるのか?

もっと詳しく!

このサイトがお役にたてたらシェアお願いいたします。

さらに詳しく知りたい方へ

未払い残業代を請求したいという方,未払い残業代等請求について弁護士に相談したいという方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。

LSC綜合法律事務所では,未払い残業代等請求のご相談は「無料」です。まずはご相談ください。無料相談は予約制です。ご相談をご希望の方は,お電話【 042-512-8890 】からご予約ください。

※ご来訪相談となります。メール・お電話によるご相談は承っておりませんので,あらかじめご了承ください。

>> 未払い残業代請求に強い弁護士をお探しの方へ

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ