未払い賃金・残業代請求ネット相談室イメージ

賃金の意味・原則

賃金の非常時払いとは?

賃金は一定期に支払うことが原則となっていますが,非常時には所定の期日以前に支払いを請求できる場合があるとされています。これを非常時払いといいますが,ここでは,この非常時払いとは何かについて,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

非常時払いとは?

賃金は,一定の期日を定めて支払われなければならないとされています。これを定期払いの原則(一定期払いの原則)と呼んでいます。

この定期払いは使用者に課される賃金支払いの原則ではありますが,同時に,労働者の側からすれば,一定の期日以外には賃金を請求することができないという意味で,ある種の制限ともいえます。

もっとも,常に一定の期日にしか賃金支払いを請求できないというわけではありません。

非常時には,定期払いの原則にかかわらず,所定の期日よりも前に賃金支払いを請求することができるとされています。これを「非常時払い」といいます。

>> 賃金の一定期払い(定期払い)の原則とは?

非常時払いが認められる場合

非常時払いは,文字どおり,支給に賃金が支払われなければならないような非常時にだけ認められるものですから,常に認められるというわけではありません。

どのような場合に非常時払いが認められるかは,労働基準法第25条及び労働基準法施行規則第9条に具体的に定められています。その内容は以下のとおりです。

  • 労働者が出産する場合・疾病した場合・災害を被った場合
  • 労働者が結婚する場合・死亡した場合
  • 労働者がやむを得ない理由で帰郷する場合
  • 労働者の収入によって生計を維持する者が出産・疾病・災害を被った場合
  • 労働者の収入によって生計を維持する者が結婚する場合・死亡した場合
  • 労働者の収入によって生計を維持する者がやむを得ない理由で帰郷する場合

上記の場合には,賃金の非常時払いが認められますので,使用者は,労働者から非常時払いの請求があれば,これに応じる必要があります。

もっとも,非常時払いで支払わなければならない賃金は,その支払日までの労働に対する賃金です。常に月給分などを支払わなければならないというわけではありません。

したがって,給与締日前に非常時払いの請求があった場合には,前回の締日の翌日から非常時払いの日までの日割り計算で,賃金を支払えば足りるということになります。

それを超えて1月分全額支払った場合,日割り分を超える部分は給与前借りという形になるでしょう。

非常時払いと給料の前借りの違い

非常時払いと給料の前借りとは,所定の支払日よりも前に給料をもらうという点では似ている点があります。

しかし,厳密に言うと,非常時払いは非常時であるために支払日それ自体を前倒しにしてしまうというもので,非常時払いを受ける時が賃金請求権の発生日であるということになります。

これに対して,給料の前借りはあくまで支払日は所定の期日のままです。前借りを受ける時は,本当であれば未だ賃金請求権が発生していないという違いがあります。

つまり,非常時払いで受ける給付は「賃金」そのものですが,給料前借りで受ける給付は賃金ではなく,あくまで借金であるという点で違いがあるのです。

したがって,非常時払いについては,賃金支払いの各種原則の適用がありますが,給料前借りの場合には,賃金支払の各種原則の適用が無いということになります。

もっと詳しく!

このサイトがお役にたてたらシェアお願いいたします。

さらに詳しく知りたい方へ

未払い残業代等の請求について弁護士に相談したいという方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。

>> 未払い残業代請求に強い弁護士をお探しの方へ

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ