未払い賃金・残業代請求ネット相談室イメージ

賃金の意味・原則

マイレージのポイント等は賃金に該当するのか?

会社の出張等のために自分のクレジットカードを使って出張費等を立て替えた場合に,それによってマイレージポイント等が付与されることがあります。ここでは,このマイレージのポイント等の付与が賃金に該当するのかについて,東京 多摩 立川の弁護士がご説明いたします。

出張費の賃金性

労働者が業務のために出張し,その出張費をとりあえず立て替えておくために,ご自分のクレジットカードを利用するということがあるでしょう。

もちろん,出張費だけではなく,物品購入や移動のための交通費などのために,ご自分のクレジットカードを利用して会社の経費を立て替えておくということもあるでしょう。

このような場合,通常は,労働者がとりあえず立替をした後,使用者・会社の方から経費の立替に対する清算金が支払われることになります。それによって,労働者の立替による損失が填補されることになります。

ところが,経費立替のためにクレジットカードを利用した場合,それによって,マイレージなどのポイントが貯まることがあります。

ポイントが貯まると,このポイントを利用して物品を購入したり,航空費や旅費に充てることができるようになったりと,現金に代わるものとしてポイントを使えるようになったりします。

そうすると,会社の経費で出張して立替金の清算をして損失は補填されたにもかかわらず,さらに,現金代替物として利用することのできるマイレージ等のポイントを得ることができたということになりますから,ある意味,使用者・会社からこのマイレージ等のポイントを付与されたという見方もできます。

そのため,このマイレージ等のポイントが付与されたことを,会社から労働の対価として支払われたもの,つまり,賃金として扱うべきか否かが問題となってきます。

出張費等の賃金性

まず,前提として,そもそも使用者が労働者に対して支払う出張費等の業務に関連する費用の支払いが賃金に当たるのかを考える必要があります。

出張費は,使用者が前もって支払う場合にしろ,使用者が直接支払う場合にしろ,あるいは,労働者が立て替えて後に使用者が労働者に支払う場合にしろ,本来的に使用者が負担すべきものです。

労働者が出張費等を立て替えて支払い,その後に使用者から出張費相当額が支払われてたとしても,それは立替金の清算にすぎないということになります。したがって,労働の対価・対象として支払われるものとはいえないので,出張費は賃金とはいえません。

ただし,労働の対価とはいえないからといって,労働者が負担すべきものという意味ではありません。使用者が自分で支払わなければならないものという意味ですから,本来的に,労働者が負担する筋合いは無いということです。

そのため,通常は,立替をした後,その清算金が支払われるのが通常でしょう。仮に,使用者から支払いがなければ,労働者は,使用者に対して,その立替金の返還を使用者・会社に対して求めることができます。

マイレージなどのポイントの賃金性

それでは,労働者が自分のクレジットカードなどを使って出張費を立替え,それによって加算されたマイレージなどのポイントは賃金として扱われるのでしょうか?

この点については,今のところ,定説や判例はないといえると思われます。

しかし,そもそもこのポイントは使用者が支払ったものではなく,そのポイントを付与したクレジットカード会社等が付与するものです。使用者が支払った金銭等とはいえないでしょう。

また,マイレージなどのポイントは,使用者が出張費(又はその立替金)を支払ったことによって,そのカードの使用に対して付与されたものにすぎません。

労働者は,クレジットカード利用によって発生した利益を間接的に享受したものにすぎないといえます。つまり,労働の対償・対価とはして支払われたものでもないということです。

そうすると,出張費などの支払いによってクレジットカードを利用し,それによって加算されたマイレージなどのポイントは,使用者によって支払われたものといえず,また労働の対価・対象として支払われたものともいえないので,賃金には当たらないと考えるべきでしょう。

マイレージなどのポイントは,むしろ,賃金ではなく,使用者からの純然たる恩給的な福利厚生費として考えられるのではないかと思います。

したがって,このマイレージなどのポイントを,割増賃金計算の際の基礎賃金に加えたりすることはできないということになります。

※なお,上記の解釈には通説・定説でない解釈や私見も含まれています。一部社会保険労務士事務所サイトなどが当サイト本記事を無断転載し,あたかも定説や通説であるかのように公表しているものがありますので,ご注意ください。

もっと詳しく!

このサイトがお役にたてたらシェアお願いいたします。

さらに詳しく知りたい方へ

未払い残業代などの賃金を請求したいとお考えの方,弁護士に相談したいという方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。

>> 未払い残業代請求に強い弁護士をお探しの方へ

LSC綜合法律事務所

所在地:〒190-0022 東京都立川市錦町2丁目3-3 オリンピック錦町ビル2階
ご予約のお電話:042-512-8890

>>

代表弁護士 志賀 貴

日本弁護士連合会:登録番号35945(旧60期)
所属会:第一東京弁護士本部および多摩支部

>> 日弁連会員検索ページから確認できます。

アクセス

最寄駅:JR立川駅(南口)・多摩都市モノレール立川南駅から徒歩5~7分
駐車場:近隣にコインパーキングがあります。

弁護士による無料相談のご予約は 042-512-8890

このページの先頭へ